漫画

「俺だけレベルアップな件」最新136話の韓国ネタバレ

「俺だけレベルアップな件」最新136話の韓国ネタバレ

ピッコマ掲載「俺だけレベルアップな件」は2021年1月26日時点で124話まで読むことができます。

ですが、韓国のkakaopageNAVERでは現在136話まで読むことができます。

気になりますよね!でも韓国語なので読むのは難しいです。

先読みしたい皆様のために韓国語のできる管理人が漫画を翻訳してみました〜

ネタバレを見たくないという方は、この先見ないようにしてください。

「俺だけレベルアップな件」最新136話の韓国ネタバレの始まりです。

俺だけレベルアップな件最新136話韓国ネタバレ無料先読み

「俺だけレベルアップの件」の全体のあらすじ

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。 ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。 ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。 「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!? 「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!? 果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!!

引用:ピッコマ

俺だけレベルアップな件」最新136話の韓国ネタバレスタート!

俺だけレバ流アップな件137話
「俺だけレベルアップな件」最新137話の韓国ネタバレピッコマ掲載「俺だけレベルアップな件」は2021年1月28日時点で124話まで読むことができます。 ですが、韓国のkakaopag...

「俺だけレベルアップな件」最新136話の韓国ネタバレ

俺だけレベルアップな件

「進め!!」

ついに始まる大型巨人との戦い

旬の言葉でおたけびをあげるベル。

街を覆い尽くすほどの、凄まじい数の影の軍団が一体の巨体に向かって突き進む。

じっと座っている大型巨人は影の軍団を目の前に、怪しく光る目。

俺だけレベルアップな件、大型巨人の怪しく光る目

旬はすかさず、異変に気づく!

と、次の瞬間・・!

大型巨人がとてつもないスピードと破壊力で大剣を振った。

影の軍団たちは裂かれるように吹き飛ばされた。

一度大剣を振り回しただけで百人以上は吹き飛んだ。

旬はその力を目の前にし、険しい表情を浮かべた。

邪悪な魔力に、この場から飛び出したいという気持ちさえ持った。

不愉快だった。

なぜ、あんな巨体生物が存在するのか。

不愉快を解決させる方法が2つ存在する。

不快の原因から逃げて忘れて生きること。

不快の原因を根こそぎ奪うこと。

俺だけレベルアップな件

 

大型巨人の前に、大型巨人に並ぶほど巨大化したキバが目の前に立ちはだかる。

キバの凄まじい威力の火炎が大型巨人に向けられ、背後からは影の軍隊が押し寄せ大型巨人を挟み撃ちする。

しかし・・・

大型巨人は左手でキバの火炎を払い落とし、右手で大剣を振るいキバの胴体は上下に真っ二つになってしまう。

無数のアリたちが大型巨人の足に噛み付くも、大型巨人はダメージ0。

ベルは怒り狂ったようにおたけびをあげる。

旬は「まだだ」と怒り狂うベルを抑制する。

旬まだだ

旬はこの程度は予想していた、と大型巨人にどう戦うか考えていた。

マナも残っている。大型巨人の弱点を探すためにはもっと耐える必要がある。

魔力がまるで鉄甲のようだ。

それで大型巨人は防御をしない。それくらい自信があるのだろう。

だけど、大型巨人が一度だけ攻撃を阻止したことがある。

「カイセル」

「行くぞ!!!!」

旬の掛け声とともに猛スピードで駆け出すベル。

カイセルは背中にイグリットを乗せ、大型巨人に向かった。

ベルは猛スピードで一気に大型巨人との間を詰め攻撃を仕掛けるが、寸前で大型巨人は身体を反らし攻撃をかわした。

続いてカイセルに乗るイグリットが、電撃を帯びた悪魔王のロングソードを天に掲げる。

凄まじい電撃が大型巨人を襲う!

しかし、またしても大型巨人は身体を反らし攻撃をかわした。

やっぱり

やっぱり・・・!!

旬は大型巨人は顔への攻撃は避けることを確信した。

イグリットの攻撃を受けながら大型巨人はイグリットと旬に大剣を振るい攻撃を仕掛ける。

二人を乗せるカイセルの姿が消滅し大型巨人がニヤリと笑みを浮かべる。

だが、次の瞬間!

イグリットが大型巨人の腕を駆け上がり、至近距離から再びイグリットの電撃攻撃を顔面に浴びせる。

大型巨人は手で攻撃をかわそうにも、眩しい光で視界が奪われる。

その隙を狙い、悪魔王の短剣を持った旬が大型巨人の左目を切りつけた。

グオオオオオオオオオオオ!!!!叫び声をあげる大型巨人。

大型巨人が左目を切りつけられる

「よし!」確かな手応えを感じニヤリと笑みを浮かべる旬。

続いてベルが鋭い爪でさらに大型巨人の顔面に傷をつける。

ー支配者の権限ー

旬、ベル、イグリット、三人の攻撃が大型巨人の顔を容赦無く切りつけて行く。

この戦いの様子を、離れた場所から賢太とウイングは見守っていた。

「これは1ハンターとモンスターの戦いではないですね」

「兄さん」

あまりにも強力な旬の強さに圧倒されるウイングと賢太。

旬たちの攻撃を受けた大型巨人の顔には無数の傷が刻まれている。

5本の短剣を構える旬はダメージを受けた大型巨人に向かい、さらなる攻撃を仕掛ける。

左目を5本の短剣で乱刀を繰り広げる。

大型巨人の左目から出血

ギャァアアアアアア!!悲鳴とともに左目から紫の血しぶきが舞う。

「ベル!諸君の意のままに!!」返り血を浴びた旬がベルに叫ぶ。

ベルは迷うことなく、大型巨人の目に飛び込んだ。

続けて旬もスキル乱刀を連発し攻撃を休めることはしない。

頭部の内側からはベルが引き裂き、外からは旬の攻撃。

そして、血を吐きながら膝から崩れ落ちて行く大型巨人。

(敵は倒れました)

【完】

「俺だけレベルアップな件」最新136話の韓国ネタバレ感想

大型巨人がとてつもなく強かったですね!

ベルが迷わず大型巨人の目から飛び込むのには、さすがに驚きました汗

そして前回は出てきませんでしたが、今回は出ましたカイセル!

そして最高の見せ場がありました〜

旬とイグがカイセルに乗って、羽ばたくの最高にかっこいいです!

 

さて、次回はゲートの中はどうなっているのか?大型巨人は仲間になる!?

楽しみに待ちたいと思います!ˆˆ