柴犬

柴犬のタヌキ顔の特徴は?

柴犬にタヌキ顔とキツネ顔があるのは結構有名なお話です。

これから柴犬を飼う方や、柴犬にタヌキ顔やキツネ顔が存在することを知ったあなたに、柴犬のタヌキ顔の特徴などを解説していきたいと思います。

キツネ顔の特徴についてはこちらの記事で解説しています。

柴犬のタヌキ顔の特徴は?

それではさっそく柴犬のタヌキ顔の特徴についてお答えします。

柴犬のタヌキ顔の特徴
  • 丸い顔立ち
  • 目が丸い
  • 耳が小さめ
  • 鼻(マズル)が短い
  • 全体的にフォルムが丸い

タヌキ顔の柴犬のパッと見の印象は、シャープと言うよりも、愛嬌のある可愛らしい風貌という印象です。

丸い顔立ちや、丸い目、全体的な丸いフォルムがその様な印象を与えているのです。

丸い顔立ち

キツネ顔と比べてみると顔の丸さがわかると思います。

キツネ顔は「クール」タヌキ顔は「癒し系」ですね。

顔の丸さはキツネ顔よりもエラが張っていることで丸さが際立っています。

毛並みも、キツネ顔に比べると横に生えている様な気がします。骨格のせいでしょうか?

丸顔というだけで可愛い印象になるので、メスの様に体格の小さい柴犬や豆柴はより可愛い雰囲気になります。

目が丸い

タヌキ顔の柴犬の目は丸くてつぶらな瞳という言葉がぴったりです。

キツネ顔の柴犬の目はどちらかというと切れ長な印象を受けます。

丸くてつぶらで黒い瞳でウルウル見つめられたらなんでも許してあげれちゃいますよね(笑)

耳が小さい

野生のタヌキとキツネを比べて見てもそうですが、タヌキは丸顔で耳も小さいです。

それに比べキツネは耳が大きいですよね。

タヌキ顔の柴犬も同様、キツネ顔の柴犬よりも耳が小さいです。

この、耳の大きさも印象の違いに大きな影響を与えています。

柴犬は喜ぶと耳がペタッと潰れたりしますが、タヌキ顔の子がこの表情になると、もうイチコロです。最高に癒しの顔〜ですよねˆˆ

鼻(マズル)が短い

鼻が短いというのは鼻の長さが短いということです。

そのため、キツネ顔の柴犬よりも顔が小さく見えます。

その為か歯の大きさもキツネ顔の柴犬よりも小さくなっています。顎が小さいので当然の現象だとは思いますが。

歯の小ささも可愛らしい印象を与える要素の一つですね。

全体的にフォルムが丸い

遠目から見ていて、全体的にフォルムが丸いです。

顔も丸く、首も太くガッチリした体型の柴犬が多いので、シャープと言う感じではないですね。

全体的にコロンとした可愛くもズッシリしたタヌキ顔の柴犬。

特徴の一個一個がとても魅力的ですね♪

柴犬は子供の時にタヌキ顔を見分けれる?

これは、正直厳しいと思います。

その子が、例えキツネ顔だったとしても、柴犬の子供の顔がタヌキ顔寄りだからです。

柴犬の子供の頃はノズルも短く、目もつぶらで全体的にコロンとしているので、中々見分けがつきずらいでしょう。成長過程で顔も変わるので、絶対と言うことは言えません。

もし、どうしてもタヌキ顔がいい!などと思うなら、その子の両親の顔を確認してみてください。

両親がタヌキ顔であればタヌキ顔になります。

まとめ

今回は柴犬のタヌキ顔の特徴についてご紹介しました。

同じ柴犬でもタイプが別れると顔が全然違うので見ていて楽しいですよね♪

あなたの柴犬は何顔ですか?ˆˆ

柴犬のタヌキ顔の特徴と照らし合わせて見てください♪

また、中間の顔の子もいるので、どっち付かずの顔の柴犬もいます。

どの顔のタイプの柴犬でも可愛いのに違いはないですね!

柴犬のキツネ顔の特徴の記事についてもよければ参考にして見てください。