shiba inu

柴犬の性格はオスとメスで違う?

柴犬の性格はオスとメスで違いがあるのはご存知でしょうか。

柴犬は全般に忠誠心が高く、一度「この人」と決めた人に対しては従順で、生涯のパートナーとなり得ます。

元々の気質は変わらないにしても柴犬はオスとメスで性格に違いがあります。

それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

これから柴犬を飼い始める方は、オスとメスの違いもわかった上で、自分の環境に合った柴犬を迎え入れるようにしたいですね。

柴犬のオスとメスの性格の違い

基本的な性格はや気質は変わりませんが、オスとメスでは性格が違うと言われています。

どんな違いがあるのでしょうか。

オス 縄張り意識が強く喧嘩っ早く警戒心が強い。

注意力がやや散漫な傾向にある。

意識が外に向くので活発でやんちゃな子が多いです。

去勢手術をすることで性格の変化があり、特にオスの方がその傾向が強く男性ホルモンの分泌が抑えられるため、攻撃的な部分が落ち着くこともあります。

メス 警戒心、自立心が強く頑固。ツンデレ。

警戒心が高いが故に番犬に向いている。

意識が内に向く傾向があるので積極的に他の犬に接点を持つことは少なく自分の縄張りを守ろうとする傾向が強いです。

とても愛嬌があり、オスに比べて性格は大人しいのでペット初心者にはメスがお勧めです。

こうしてみると、柴犬を飼うならメス一択のように思いがちですが、これも環境で変わっていきます。

オス柴の注意点

喧嘩っ早いので、ドッグランなどで他の犬に交わる時は急に近ずけすぎないようにしてください。

リードをしっかり握って柴犬の様子を見てみましょう。

最初から勢いよく飛び出して他の犬を傷つけては大変です!

散歩の際も同様です。通りすがりの他の犬に必要に喧嘩を吹っかけたり、攻撃的な姿勢を見せたり、しつけが行き届いていないとかなり大変になってしまいます。

子犬時代のしつけや虚勢でどこまで変わるかも個体差はありますが、オスは喧嘩っ早いということは知っておきましょう。

メス柴の注意点

無駄吠えをしやすいのはメスです。

子犬期、社会化期にしっかりしつけをしておかないと、無駄吠えでかなり悩まされることになるでしょう。

ちなみにウチの柴犬はメスなのですが、無駄吠えが酷かったのでしっかりしつけました。

すると今では全く吠えません。しっかり吠えたのはいつだったかな?と記憶も定かではありませんが、とにかく全く吠えませんし見知らぬ人にも喜んで付いて行って膝の上に勝手に座るくらいフレンドリーな性格をしています。

元々の気質があることは確かですが、本当にしつけ次第だなと感じます。

まとめ

柴犬のオスとメスで性格の違いはあれど、子犬期、社会化期のしつけ次第では、飼い主を悩ませるような性格を変えることが可能です。

柴犬のオスとメスの性格の違いは、参考にする程度でいいと思います。

我が家に迎え入れればオスもメスも家族ですから、あまり性別に固執しなくてもいいと思います♪